香港のスタンレー(赤柱)映画のロケ地を散策

観光スポット
スポンサーリンク

約10年ぶりに、妻と一緒にスタンレー(赤柱)を訪れた。

ちょうどランチの時間だったので、到着してすぐにランチを頂きました。
(関連記事→スタンレー(赤柱)でピザ食べました

お腹を満たした僕らは、さっそくスタンレーを散歩することにしました。

スポンサーリンク

新しくできたレストラン街・赤柱海濱小賣亭

洋服やお土産物のショップが並ぶ、スタンレー・マーケット(赤柱市集)。

やはり、欧米からの観光客が多い。

スタンレーも、景気が良くないのだろうか?

それとも、異常な家賃高騰の影響なのか、空いてる店舗が見受けられる。

なんとなく、以前の活気が感じられない。

まあ、平日ということもあるのかもしれない。

週末や祝日には、賑やかになるのだろう。

スタンレー・マーケットを、浜辺のほうに抜けると以前はなかったレストラン街がある(赤柱海濱小賣亭)。

以前、この場所は何だったのだろう?街市かなんかがあったような…?

記憶が定かではないが、ともかく、ファーストフード店や茶餐廳が4~5店舗並んでいる。

どの店も、気軽に外で食事ができるテーブル席がある。

これからの季節には、いいかもしれない。

真夏は暑そうだなあ~。

スタンレーのメイン・ストリート赤柱大街

レストラン街を通り越すと、スタンレーのメイン・ストリート、赤柱大街(チェッチュウ ダイガイ)になる。

ここは、欧米風のレストランやバー、パブが立ち並んでいる。

そんな風景は、時々、映画やドラマのロケに使われるようだ。

先日も、1991年に制作された映画で、スタンレーが舞台になった雙城故事(ションセンクーシー/Alan & Eric between Hello & Goodbye)がテレビでやっていた。

邦題は『愛という名のもとに』って言うそうだ。

  
アラン・タン(譚詠麟)、エリック・ツァン(會志偉)、マギー・チャン(張曼玉)の豪華三人が主演の作品である。

その映画の中で、アラン・タン扮するアランが、海辺のバーで働いていて、そこで歌ってたお店が、ここスタンレーメインストリートにある。

僕と妻は、彼が歌ってたバーは何処かなあ、と探しながら歩いた。

でも、どれも似たような感じのお店が並んでいるので分からない。

しかも、20年以上も前の映画なので、お店はあるのだろうけど、たぶん、もう経営者もお店の内装も変わってしまって、どの店だったのか分からなかった。

その他にも、スタンレー・マーケットが舞台になった“褲甲天下(フー・ガップ・ティン・ハー/King Of Stanley Marketというのもある。

こちらは、もうちょっと古くて1988年の作品である。

邦題は、調べたのだけど見つからなかったので、日本では知られてないのかな?

Amazon.co.jp: Prime Video
Amazon.co.jp: 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

きれいになったスタンレー 

メインストリート(赤柱大街)を歩いていると、なんだか雰囲気が違う。

何が違うのか、おぼろげな記憶をたどってみると、どうも以前よりも小ぎれいになってる感じだ。

道路も舗装されていて、うまく言えないけど、なんか、田舎っぽい”村”っていう感じがなくなってしまった。

其れから、確か、メインストリートの下には、大きくはないが、こじんまりとした砂浜があったと思う。

その砂浜では、散歩したり、日光浴したり、中にはあまりキレイな海ではないけど、泳いでいる人もいたと記憶してる。

だが、その浜辺も、今ではコンクリートで固められてしまっていて、そこを歩くのはもちろん、立ち入ることさえも出来なくなってしまっている。

ちょっと残念だけど、たぶん、僕の勝手な想像だと、台風とか悪天候の時とか、いろいろ水の事故があったのではないかと思う。それで、封鎖してしまったのだとおもった。

あとがき

昔の雰囲気はなくなってしまったが、スタンレーは未だスタンレーである。

夕方から、ここのメインストリートのバーに座りビールを片手に海を眺める。その海に溶け込んでいく夕陽をつまみに、ハッピーアワーの2杯目を頂く。

そんな南国っぽい週末や、それぞれの休日を、こんな風に過ごせるスタンレーの魅力は未だ健在だと思う。

よかったらポチッとしてね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました