マカオでハービー・ハンコック&チック・コリアのコンサートに行ってみた

エッセイ
スポンサーリンク

ジャズピアニストの巨匠、ハービー・ハンコックさん(Herbie Hancock)とチック・コリアさん(Chick Corea)。

この二人が、実に、37年ぶりのコンサート・ツアーで共演。

3月から始まったそのワールドツアーで、アジア地域での最後のコンサートが、先週(2015年6月5日)マカオの澳門文化中心で開催された。

幸運にも、マカオに住む、僕の心友の尽力のおかげで、そのコンサートに行くことができた。

スポンサーリンク

ジャズの巨匠・イン・マカオ

半世紀以上もの間、ジャズ界において活躍してきた二人は、数多くのグラミー賞を受賞している。

その淵源となるのか?、1960年代から70年代に、彼らは、あの『ジャズの帝王』と呼ばれた”マイルス・デイビス” のバンドに在籍していた経歴を持つ。

今回、二人とも、マカオでの公演は初めてだと伺った。そんな、歴史的なコンサートは夜8時から始まった。

その前に、食事を済ました僕らは、開演時間ギリギリになってしまった。
(関連記事→マカオでポルトガル系マカオ人お薦めのポルトガル料理レストランに行ってみた

どんなコンサートでも、そうだと思うけど、もし、間に合わないと演奏中は、その曲が終わるまで中に入れてもらえないので、聴きはぐってしまう。僕らは、なんとか、間に合ったので良かった。

ウォーターメロンマン

最初の曲は、静かで、ゆったりとした、異次元空間にいるような、そしてまるで、宇宙遊泳をしているかのような幻想的な音色から始まった。

そのあと、2曲ほどスローで静かな曲が続いた。

その心地よい音色が、ちょうど夕食後の僕らを睡魔が襲ってきた。
隣りに座る親友も、ウトウトしてるようだ。
周りの人も、何人かウトウトしている。

僕も、何度も睡魔に負けそうになったが、この貴重なコンサートを聴き逃してはならないと、かろうじて持ちこたえた。

眠気もピークに達してきたころ、テンポのいい、聴き慣れた曲が流れてきた。
皆んなも、そう思ったのだろう。
会場からも、拍手が湧き起こった。

その時は分からず、後で分かったのだが、この曲は…、そう、あの有名な『WaterMelon Man(ウォーターメロン・マン)』

Amazon Music - HERBIE HANCOCKのThe Essential Herbie Hancock - Amazon.co.jp
Amazon MusicでHERBIE HANCOCKのThe Essential Herbie Hancock をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。

西瓜人間? スイカマン?直訳するとそうなるかな⁈

この曲のおかげで、一気に睡魔が吹っ飛んでいって、そのあとの演奏を愉しむことが出来た。

それから、ほとんど休まず1時間半くらい演奏しただろうか。一段落し、会場が大拍手に包まれる中、チックさんとハービーさんが、それに応える。

会場の観衆と一体化

ここで、一旦休憩になるのかと思ったのだが、どうやら違うらしい。二人ともマイクを手に取り、僕ら観衆に話しかけてきた。

チックさん曰く、

「かれこれ、1時間半くらい演奏してきたけど、僕らはずっと演奏してきた。君らはずっと聴いてきた。今度は、一緒に演奏を手伝ってくれる人はいないかなぁ…。」

僕の英語力も怪しいもんで、たぶん、こんな感じに言ってたと思う。

最初は、誰かが選ばれてステージに上がり、演奏するものだと思っていたが、どうもそうではないようだ。

チックさんが、今度は、会場を縦に4箇所に分けた。

ここから左に座っている男性、こっちの右側の男性。

ここのラインから左の女性、こっちの右側のラインの女性。

というように4グループである。

そして、チックさんがピアノで音を出し、指定されたグループがそれぞれの音を ”ア〜” で出す。

合わせて4つの音が、会場から奏でられる。

そして、演奏が再び始まり、途中でチックさんが音を出してくれて、会場の観衆が ”ア〜” を奏でる。

ハービーさんとチックさんと観衆が一体となり、笑顔と笑いの演奏となった。

過去に、何回かジャズのコンサートに行ったことがあるが、こんな観衆と一体になった全員参加型のコンサートは初めてである。


あとがき

演奏が終わり、大歓声と大拍手に会場が包まれ、巨匠二人は皆んなの握手に応えた。

僕も、すっかりミーハーになり、ハービーさんに握手していただき、サインまでいただいた。

コンサートが終わり、興奮冷めやらぬ会場を僕らはあとにした。

よかったらポチッとしてね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました